塗料の種類と外壁の耐用年数

では、どれくらいの頻度で外壁塗装の塗り替えを行えばよいでしょうか?

外壁の塗り替えのタイミングは塗料の素材によって異なります。
塗料の特徴と耐用年数から塗り替えのサイクルを表にまとめました。家の建っている場所や環境によって左右されるためそれぞれに数年の幅があります。

素材名特徴耐用年数
アクリル塗料一番安価な素材。モルタル外壁やサイディング外壁によく使用される。直射日光や紫外線に弱いというデメリットがある。耐用年数は短め。3-5年~
ウレタン塗料木製外壁、モルタル外壁、不燃材サイディング外壁、勤続サイディング外壁など対応できる幅が広い。直射日光や紫外線に強く耐水性にも高い。防汚性に劣るというデメリットがある。耐用年数はやや長い。5-7年~
シリコン塗料モルタル外壁、不燃材サイディング外壁に適している。親水性があり、防汚性が高い。水や汚れに強いためきれいな状態を長く保つことができる。耐用年数は長い。7-10年~
フッ素塗料一番高価な塗料の一種。耐用性に優れており、特に汚れに強い特徴がある。耐用年数は一番長い。15~20年

外壁塗り替えの塗料別費用と耐用年数の目安(外壁面積160㎡の場合)

縦軸を耐久年数、横軸を価格とし、それぞれの塗料による耐久年数と価格の関係をグラフに置きました。


耐久年数の表

まとめ

今ご自宅の外壁の塗装がどの素材を使用されているか普通の人は覚えていません。一同プロに現地調査を依頼して現状チェックをされるのが良いと思います。 施工業者からお勧めされる塗装も、上述のとおり素材によって値段に差があります。 塗り替えの目的と予算をしっかりとお伝えしたうえで提案を受けることをお勧めします。