外壁塗装でシリコン塗料を使用するメリットとデメリット

外壁塗装 公開日:2022/01/25

外壁塗装でシリコン塗料を使用するメリットとデメリット

住宅の外壁塗装で使われているものというと、アクリルやウレタン、フッ素やシリコン塗料等があります。なかでもシリコン塗料はよく使われています。

この記事では、具体的に外壁塗装で使用されるシリコン塗料はどういう特徴があるのか、またどのようなメリットとデメリットがあるのか、さらにどのような人や建物に向いているのかも合わせて解説します。

外壁塗装のシリコン塗料の特徴

外壁塗装で使用するシリコン塗料には色々な特徴があります。

シリコン塗料は合成樹脂が主成分で、その樹脂にシリコンが含まれている塗料のことです。

耐候性が高い

特徴としては、まず耐候性が非常に高いという点が挙げられます。塗装をすると光沢保持率が高いので、「チョーキング現象」という外壁が白くなってしまう状態もなりにくく、ツヤが長持ちします。

耐熱性がある

また、シリコン塗料は耐用年数も約8~15年と長く、耐熱性があるという特徴もあるため、太陽光や紫外線に強く、種類によっては数百度の熱にも耐えられるものもあります。

親水性がある

親水性があるというのも大きな特徴の1つです。親水性とは水に溶けやすかったり混ざりやすかったりする性質のことで、水に濡れやすく密着しやすいので、雨が降ると外壁についた汚れを洗い流してくれます。

そのため、シリコン塗料を塗れば外壁が空気中のちりやゴミ、ほこりや鳥のフンで汚れてしまっても、雨が降ればきれいに落としてくれて、きれいな状態を保つことができます。

透湿性がある

他にも透湿性があるというのも特徴です。透湿性とは水分を外に出す性能のことで、シリコン塗料にはこの性能があるため、外部からの雨水等を内側に通しません。また、その一方で内部にたまる湿気は外に排出してくれるのでカビが生えにくいです。

シリコン塗料のメリット

ここではシリコン塗料のメリットについてお伝えします。

価格が安い

シリコン塗料を外壁塗装に使用する大きなメリットとしては、他の塗料と比較して安価に施工が可能です。

耐用年数を見てみると、アクリル塗料は約5~8年程で、ウレタン塗料は約8~10年です。フッ素塗料は約15~20年と長いですが、価格が多少割高になります。

それに対してシリコン塗料は、耐用年数が10~15年とアクリルやウレタン塗料よりも長く、価格面も安価なため、コストパフォーマンスがとてもよいです。

汚れにくい

シリコン塗料は汚れにくいので掃除も簡単というのも大きなメリットです。

シリコンは湿気に強いため、はがれにくくカビもつきにくいです。また、ほとんどのシリコン塗料にはセラミック成分が配分されているので、汚れもつきにくく、断熱性や遮熱性も高いということも魅力です。

シリコン塗料のデメリット

メリットがたくさんあるシリコン塗料ですが、もちろんデメリットもあります。

劣化が進むとひび割れしやすい

シリコン塗料は劣化が進むとひび割れしやすくなるという面もあります。

劣化が進むと塗った膜自体が硬くなり、そこからひび割れが発生しやすくなります。また、こうしたひび割れは地震により生じることもあるため、なるべく弾性系のシリコン塗料を使用するとよいでしょう。

DIYには向かない

シリコン塗料は扱うのが難しい素材であるため、ご自身で塗装をするにはあまりおすすめできません。

家の外壁塗装を検討している人のなかには、プロに任せずに自分でやろうと考えている人もいるかもしれません。

塗装は重ね塗りが基本です。しかしシリコン塗料は密着性が弱く、塗料をはじくという性質があるため、素人が塗装を行うのは非常に難しい塗料です。

また、シリコン塗料は顔料が沈殿しにくいので、こまめにかき混ぜながら作業をする必要があるなど、塗装に慣れていない人に取っては扱いにくい塗料だといえます。

外壁塗装にシリコン塗料を使用したい人は、専門家である塗装会社にご依頼いただくほうがよいでしょう。

シリコン塗料はこんな人や建物にオススメ

ここまでシリコン塗料の特徴やメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、ここではシリコン塗料が向いている人や建物について解説します。

費用対効果を重視する人

価格と耐久性を見てもアクリルやウレタン、フッ素等他の塗料と比較してコストパフォーマンスが優れており、一度塗装すれば約10~15年も持つので、費用対効果を重視している人に向いています。

光沢感のある仕上がりにしたい人

また、光沢保持率が高く、ツヤの効果も長持ちするため、外壁を光沢感のある仕上がりにしたいという人にオススメです。

また、ゴミや汚れ等がついても雨が降ればきれいに洗い流してくれるという性質から、普段の掃除やメンテナンスをなるべくしないで済ませたいという人にも向いています。

雨風が多い地域の建物

シリコン塗料は耐熱性や耐候性が優れているので、毎日のように太陽の光や強い紫外線が降り注ぐような地域の建物や、親水性や耐水性も優れているため、雨風が多い地域の建物にも向いています。

また、とシリコン塗料には透湿性もあるのでカビが生えにくいですし、結露防止にもなるので寒い地域の建物にもオススメです。

まとめ

外壁塗装にシリコン塗料を使用するメリットは、耐用年数が長く、価格も安いことからコストパフォーマンスが優れているという点や、汚れにくいので掃除も簡単という点です。

一方で、劣化が進むとひび割れしやすかったり、重ね塗りが難しいため、専門家ではない方が扱うのは難しい塗料でもあります。

今回お伝えしたシリコン塗料の特徴やメリットと、ご自身の考えや住んでいる地域の特性などを考慮して選択するようにするとよいでしょう。